きれいTOPICS
2017/08/16
1096views

うっとり肌×こなれ赤リップでつくる「恋する秋顔」【まとめ記事】

コメント 77

暑い日が続きますが、ショーウインドウにはコートやファーが並び、化粧品売場にも秋の新色が続々と登場しています。

そこで今回は、「きれいCHOICE」の投票結果をはじめ、「きれいTALK」にお寄せいただいたコメントやうめだきれい塾のアドバイスの中から、秋のきれいのヒントをご紹介します。本格的な秋が到来する前に、ぜひチェックしてくださいね!

疲れた夏肌を癒すなら「しっとりうっとりシートマスク」で!



夏の疲れたお肌にプラスしたいスキンケアとして、4分の1近くの人が「しっとりうっとりシートマスク」をチョイス!僅差で続くのが、「祈りをこめて美容液」「たっぷりうるおう保湿クリーム」でした。ここでは、みなさまが選んだ理由やこだわりなどを、1位のアイテムから順番にご紹介しますね。

1位/しっとりうっとりシートマスク

たくさんの方が実行していたのが、シートマスクを冷蔵庫で冷やしておくこと。また、顔に乗せておく間も贅沢な癒しの時間というコメントも目立ちました。「2枚使い」という上級者さんも。

“冷やしマスク”と“待つ時間の贅沢”
冷蔵庫で冷やしたマスクでクールダウン!日差しを浴びた肌をうるおして休ませてあげたい

子育てと仕事で慌ただしい日々なので、マスクしている時間は癒し効果も

2枚重ね使いがマイブーム。1枚目は普通に顔に乗せ、覆いきれなかった部分を2枚目でカバーして、しっかり保湿

これを剥がし終えたときの自分の肌は輝く!に違いないという願い故

\シートマスクやパックがいっぱい/

2位/祈りをこめて美容液

夏の終わりという季節柄、美白美容液に頼りたい方がたくさん!それにしても、みなさま、本当に祈りをがっつりこめています!

お肌に届け!切実な“祈り”の数々
祈りをこめて輝く肌に変身したい

祈りの数に限りはありますか?

切実な祈りをこめて、早く結果を感じられる美白美容液を

庭仕事や旅行などアウトドア的な行動が多くても、ビタミンC誘導体配合の美白美容液を長く使ってているせいか、それほどダメージがありません

車の運転をするので夏は特にくすみます。SK2の美容液が好きですが、シュウウエムラも気になっています!

 

3位/たっぷりうるおう保湿クリーム

美容液とほぼ同数を獲得した保湿クリームを選んだ方のコメントからは、「うるおいは美肌に通ず」という基本を大切にしているようすが伝わってきました。また、クーラーによる乾燥に触れる方も目立ちました。

やっぱり保湿は美肌の基本!
保湿が一番

夏でも室内はクーラーで乾燥しがちなので、しっかり保湿したい。欲を言えば、汗や皮脂が詰まった毛穴もきれいにしたい

「きれい=うるおっている」という公式

 

4位/しっかり浸透ブースター

美意識の高いみなさまが続々取り入れているのが、後に使う化粧品の浸透を助けてくれるブースター。しっとりモチモチ肌に導く土台のお手入れとして活用したい方が多いようです。

肌よ、ぐいぐい飲み干して!
夏場の疲れた肌はゴワつくので、ブースターで浸透を促し、たっぷりうるおして柔らかくする!

ブースターで効果的にスキンケアしたい

 

5位/目元輝くアイクリーム

全得票数の順位としては第5位のアイクリームですが、年代が高いほど順位が高いという結果に。特に40代以上の方から、目元のいろいろな変化を実感しているコメントをたくさんいただきました。

年齢は目元に現れる!?
保湿クリームと悩んだけれどこちらのほうが切実です

目元の小じわも気になりますし、第一印象は目元からなので

目の下のクマをなんとかしたい!

 

6位/イキイキつやつや美容オイル

第6位という結果は、「夏にオイルはちょっと…」と感じる方が多かったせいかもしれません。ですが、こだわりをひしひしと感じる上級者さんらしきお声が目立ちました。

こだわりのコメントがいっぱい!
夏はベタつくと思いがちだけど、紫外線を浴びた夏だからこそ乾燥に注意!オイルで頭皮までマッサージすれば、癒し効果もプラス

肌に潤いを密着してくれそう

香りの良いオイルをお手入れの仕上げに塗っています。心もほぐれて、気持ちよく眠りにつくことができます

オイル以外は使っているので追加するならオイル

 

投票に参加してくださったみなさま、ありがとうございました。いただいたお声は、阪急の特別企画に積極的に取り入れさせていただく予定です。これからもたくさんのコメントをどんどんお寄せください!

秋のきれいはこれで完成!大人のこなれ赤リップ5つのコツ

女性らしさをUPしてくれる赤リップ。「透明感のある赤ややさしい感じの赤など、いろいろ楽しんでいます」と普段から使いこなしている方がいらっしゃる一方、「チャレンジできない」というコメントもちらほら…。 そこで、みなさまからの質問や疑問と、うめだきれい塾からのアドバイスをわかりやすくまとめました。ぜひ赤リップを楽しんでください。

Q:普段のメイクに取り入れるにはハードルが高くて
Q:アラフォーでもさわやかに赤リップをつける秘訣があったら知りたい
 
A:透明感がポイントです。マットではなくツヤがあるタイプやシアータイプの軽めの赤を選んでください。輪郭はとらず、直塗りして指やリップブラシでぼかすのがおすすめです(うめだきれい塾)
 
Q:憧れているけど、肌の色のせいなのか、昔から似合わなくて… 
 
A:イエロー系のお肌の方は、ピンクやオレンジの色味が入った赤リップを選ぶと、肌なじみがよく、やさしい印象に。ピンク系や青味のあるお肌の方は、ワインレッドなど深みのある赤リップを塗ると、お肌の透明感や瞳の色とあいまって、より魅力的になりますよ(うめだきれい塾)
 
Q:ワンランク上のお洒落や勝負メイクのときにチャレンジしてみたい 
 
A:パーティーや結婚式などで大人っぽくフォーマルに仕上げたいときは、マット系のリップをチョイス。しっかり輪郭をとって塗りましょう(うめだきれい塾)
 
Q:アイメイクをどうしたらいいのかわかりません
 
A:メイクのアクセントは口元の赤リップ。目元はなじみのよいブラウン系で抜け感を出しましょう(うめだきれい塾)
 
Q:地味な顔立ちにでも似合うコツを知りたい!
 
A:地味顔さんは唇の中央に直接ぽんぽん。その後、指やリップブラシでぼかしてください(うめだきれい塾)
 

最後に、みなさまから教えていただいた赤リップの塗り方のコツもご紹介します。すぐに取り入れてみたい秘訣ばかりなので、とても参考になりますよ。

  • 輪郭をぼかしたベースカラー+内側に赤リップの2色使い。自然な血色感が出るように、タップ塗り&指でぼかして仕上げています
  • 赤リップをつけてから軽くティッシュオフ。そしてリップクリームをつけると柔らかな印象に
  • 眼鏡のフレームに合わせます。服が黒や赤のときも合わせやすい

\2017上半期ベストコスメ「リップ編」/

夏の疲れを感じさせないうるツヤ美肌と、あなたにぴったりの赤リップで、素敵な秋を迎えましょう!

※ご投稿は、ご自身の意見・感想の範囲でお願いします

コメントを書く
77件のコメントがあります。
ログイン