NEWS
2019/11/13
224views

11月23日<KUDOKE>独立時計師ステファン・クドケ氏が来日

コメント 9

この度、<KUDOKE>の創始者で時計師の「ステファン・クドケ」氏が来日し、 トークイベントを開催します。

今年、独立時計師協会(AHCI、通称アカデミー)の準会員へと選出されたクドケ氏。自身のこだわりをかたちにすべく、デザインの考案、部品の切り出し、時計への彫金まで、時計づくりに関わる一連の工程をたった一人で行うことで知られ、その姿勢は時計師の中でも 稀有な存在といえます。今回はGPHG(ジュネーブ時計グランプリ)で"Petite Aiguille"(小さい針)賞でグランプリを受賞したKUDOKE2を中心に、彼のものづくりへの思い、今後の展望を語って頂きます。

また当日は、お客様のご要望に合わせデザインの変更が可能なカスタムオーダーの受注も承ります。作り手と直接対話しながら一緒に時計を作り上げるまたとない貴重な機会となり、出来上がった時計は世界に二つとない作品となるかもしれません。
詳細につきましては気軽にお問合せください。

問い合わせ先: 日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリー 小林、竹下
03-6225-2134

イベント概要

<KUODKE>独立時計師ステファン・クドケ氏トークイベント
日時:2019年11月23日(土)15:00~
場所:日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリー

ステファン・クドケ氏とは

1978年、ドイツ:フランクフルト(オーダー)生まれ。時計産業の盛んなグラスヒュッテの時計学校を卒業後、“グラスヒュッテ・オリジナル”でトゥールビヨンなど複雑時計の製作・開発に携わり、ニューヨークにて有名ブランドの修理業務などを経た後、2007年より<KUDOKE>として独立しました。2018年には初となる自社ムーブメントKaliber 1を発表。2019年には独立時計師協会(AHCI、通称アカデミー)の準会員へと選出されるなど、近年注目されるべき時計師の一人です。

 


◆HANDwerk collection KUDOKE2
SSケース、手巻、3気圧防水、ケース径39.0mm
 1,100,000円(+税)

インハウスムーブメントであるKaliber1を用いた2番目の作品です。午前・午後を表す、デイ&ナイト機能を備え、秒針のない2針の時計として非常にシンプルにまとまっています。デイ&ナイトのディスクや、ムーブメントに施された繊細なエングレービングなど、彫金師としての彼の本領も発揮された作品です。

 


◆KUNSTwerk collection HS1-Ring
SSケース、手巻、3気圧防水、ケース径42.0mm
 1,000,000円(+税)

<KUDOKE>の特徴ともいえる、エングレービングの施されたダイヤルにインデックスがついた美しさと実用性を兼ね備えたモデルです。ブランドネームの「K」がデザインされた遊び心のあるダイヤルのデザインと繊細で美しいエングレービングや仕上げが、<KUDOKE>ならではの個性を生み出します。

 

ウォッチサロン リフレッシュオープン

 

コメントを書く
9件のコメントがあります。
ログイン