STYLE
2018/07/17
1136views

日本橋三越本店 行木時計コンシェルジュに訊く 夏の時計スタイル、今年流のまとめかた 第3回

コメント 56

紳士ファッションを長く担当していた経験を活かして、時計とファッションの融合を提案するのは、日本橋三越本店の時計コンシェルジュの行木千恵子さん。世界の一流を知る男性なら押さえておきたい、最高級ショップで作るフレンチスタイルとイタリアンスタイルと共に、それらのスタイルに映える時計も合わせてご提案していただきました。

スタイル指南をしてくれたのは、
日本橋三越本店 ウオッチコンシェルジュ 行木 千恵子 (なめき ちえこ) さん

三越に入社後、すぐにレザー小物、紳士鞄、紳士服などを経験し、現在は時計コンシェルジュとして活躍。今までの経験と知識を活かして、時計とファッションの融合を積極的に提案していきたいと熱く語っていただきました。

 

第3回 使うほどに味わいが増す、愛着が湧くレザーグッズ

フレンチスタイルにしても、イタリアンスタイルにしても、最後の仕上げは小物選び。
こだわりスタイルを貫く男性なら、経年変化によって一層味わいが増すレザーグッズをおすすめさせていただきたいと語る、行木さん。男性へのプレゼントにも最適な商品もご紹介します。

Point1 レザーグッズも時計も、自分だけのストーリーを紡ぐもの

なにげなく、使用しているウォレットや名刺入れなどのレザーグッズは、使い込むほどに、その人らしさがよく表れてくるものです。特に、ヌメ革のレザーグッズは、時間の経過とともに皮膚に馴染むところが魅力で、変化や味わいを楽しみたい大人の男性におすすめです。トレンドに振り回されることなく、自分スタイルが演出できる、アクセサリーとも言えるでしょう。レザーグッズ選びではお客様がどんな場面で使いたいのか、どんなファッションに合わせたいのかなどをよく伺い、お客様がその商品をお求めになった後のストーリーも一緒に想像しながらアドバイスされると言います。時計もレザーグッズも、単にモノとして存在するのではなく、自分だけのストーリーがそこにあるからこそ、愛着も増すのでしょう。

世界のセレブを魅了する、チェレリーニのレザーグッズ

イタリア・フィレンツェのブランド、チェレリーニは、王族や著名な政治家など、真のセレブリティに愛用されているブランド。素材や染色もすべて一流のものを揃え、縫製技術の高さでも定評があります。
たとえば、写真のシュリンクレザーを使ったウォレットや名刺入れ、コインケースは、イタリアらしいニュアンスのある色のコンビネーションが特徴的。手で包み込める大きさで丸みのあるコインケースは、外側には牛革を使用し、内側には柔らかさを持つ豚革を使うことで、手に触れたときの風合いや使いやすさを追求しています。


タイ・ユア・タイがチェレリーニに別注しているレザーグッズ。ブルーやボルドーなど、3色ほどの色展開があります。絶妙な発色が美しい色合いはイタリアならではこだわり。おしゃれな男性へのプレゼントにも最適です。ウォレット38,880円、名刺入れ25,920円、コインケース29,160円(すべてタイ・ユア・タイ)
※価格は税込み、2018年6月20日時点のものです。


革の経年変化や使われるシーンまで考慮してデザインされた、最高級のレザーバッグは定番の人気商品。グレーのビジネスバッグは、著名政治家などに愛用者が多い逸品です。
ビジネスバッグ367,200円(タイ・ユア・タイ)
※価格は税込み、2018年6月20日時点のものです。

 

時計サロン 行木コンシェルジェが提案する
イタリアンスタイルを粋に決める時計

小粋な雰囲気を醸すスタイルを際立たせる時計を選んでみました。


ノモス タンジェント38
SS  37.5mm  手巻き TN1A1W238  259,200円(税込)

ベルトはコードバンを使用しています。光沢があり、耐久性にも優れたコードバンは、ビジネスバッグやランドセルにもよく使用される、なじみの深いレザーです。多くの革メーカーが薬品でなめしている現代において、ノモスでは薬品を使わず、伝統的なタンニンなめしを実施。丈夫で美しい光沢と環境への配慮も考えられています。裏側には、なめしを行った工房の刻印が入った革が使用され、ベルトひとつひとつに異なる表情があります。

コメントを書く
56件のコメントがあります。
ログイン